土日には少し勉強しましょう

雑記

年間で52回ある土日、104日分の休日をどのように過ごしているでしょうか。

持たざる者(労働者)が持つ者(資本家)になるためには、多くの時間を勉強に割かなくてはいけません。

スポンサーリンク

給料以外の収入源が必要

資本家側にいくためには多くのお金を投資にまわさなければいけません。

まずは倹約に努めるのは優先ですが、それでは投資額に上限があります。

そのため収入の絶対額を増やす必要があります。

しかし、サラリーマンではどれだけ頑張ってもなかなか給料に結びつかないのが実情です。

給料を上げるには“長い間勤務する”事が重要です。

実際、私の職場にも役に立たない、特に仕事してないのに給料がいい年長者は多くいます。

そのため、収入を増やすにはサラリーマンとしての給料以外の収入を増やすのが効率的です。

スポンサーリンク

勉強が周りの人間との差を作る

給料以外の収入をどう作ればいいのかわからない人がほとんどでしょう。

稼がないといけないのに稼ぐ方法がわからない、どうすればいいのか。。。

勉強しましょう。

本を読んでもいいし、セミナー行ってもいいし、周りで参考になる人を探して会いに行ってもいいし、とにかく勉強して多くを学ぶ必要があります。

周りの不勉強な方と同じような行動をしていたら、一生働き続けなければいけません。

生活も楽にはなりません。

過去記事でも書きましたがサラリーマンは勉強しません。

スポンサーリンク

勉強のために時間を割く

実際に株式や不動産投資を始めるにしてもまずは勉強(インプット)、そして行動(アウトプット)が大事です。

特に初期には勉強、インプットが大事です。そのためにも時間の確保が重要です。

平日でも勉強時間が確保できる方は平日+土日に勉強時間を設定しましょう。

平日は帰りが遅かったり、体力的に厳しかったりと、自由な時間が無い方は土日に勉強時間を設定しましょう。当然平日できない分は少し多めに時間を確保しなければいけません。

スポンサーリンク

継続には勉強と息抜きのバランスが大事

ここまで勉強時間を確保しようと言っていきました。

しかし体が最大の資本、と言われるように、身体、精神が健康であることは最重要です。

酷使して体調を崩してしまっては勉強もできません。

そのためには息抜きとして“遊ぶ”、“休む”といった使い方も必要です。

しかしだからと言って飲みに行っては昼まで寝ているような生活で土日を潰してしまってはいけません。

まずは実際に勉強時間を設定してみて、トライ&エラーでいいので自分にとってバランスのいい勉強時間と遊ぶ時間を見つけていきましょう。

実際に行動する、やってみるのが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました