賃貸に住み続けるべきか

不動産投資

不動産投資を展開する上で、銀行などの金融機関から融資を受ける事が重要になります。

その限度額、与信枠をできるだけ収益物件購入に充てるために、マイホーム購入は後回しにした方が良いという話をしました。

しかしそれでは、

”不動産投資をして利益を出し、マイホームを購入するまでの期間は賃貸アパートに住み続けるのか?”

という問題が発生します。

スポンサーリンク

中古物件をリフォームして住む

投下資金は回収したい

投資家の頭の中は基本的に”投下した資金をどれだけ効率よく回して利益を得るか?”に尽きると思います。

毎月の支払で最も大きな割合を占めるのは居住費だと言われています。

賃貸に住み続けるのは、毎月の出費の大部分を後々何も残らないものに投下しているということになります。

投資家目線であるなら毎月の全ての支払いは、リターンが期待できる投資にしたいと思うはずです。

仮のマイホーム

そこで私が提案したいのは、将来気に入ったマイホームを購入するまで、仮のマイホームとして自分が住むように中古物件を購入する、ということです。

中古は新築と比べて比較的価格が低く、築古の中古の戸建てともなればほぼ土地値で購入することができます。

 “マイホーム”というワードが2つ出てきたので下記のように定義します。

 不動産投資によるキャッシュフローで得た資金を頭金とした建物 = ”理想のマイホーム”

 上記で定義した理想のマイホームを購入するまでに住む建物 = ”仮のマイホーム”

なぜこれが投資になるのか?ということですが、ここで手に入れた仮のマイホームを将来、

賃貸に出す or 売却する 

という選択肢を獲得する事でリターンが望めるからです。

スポンサーリンク

仮のマイホームによる収益

賃貸

 今まで自分が住んでいた仮のマイホームを貸し出すことで利益を得ます。

 ただし、そのためには

将来賃貸需要が見込める立地:転勤族が望める地域など

家の躯体及び状態:築古の木造などは耐震性の観点より敬遠される可能性があります。suumoの検索画面で挙げられている項目に、当てはまるような条件の物件を探すと良いでしょう。

購入額:賃貸時の家賃設定にきいています。家賃が高すぎると入居者が決まりません。

売却益

売却に向けてリフォームを実施することで物件の魅力を向上させ利益を得ます。

中古物件の購入を考えられている方でもリフォームせずにそのまま住めるか?という目線で物件を見ているので意外と効果があります。

スポンサーリンク

まとめ

以上より、これから不動産投資による資産形成を目標としている方は、まず中古物件を仮のマイホームとして購入し、賃貸への余分な出費を抑えた上で、不動産投資を並行で進めていくことをおススメします。

それが人生を縛られずに理想のマイホーム購入の効率的なルートです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました