米国高配当株 インカムゲイン狙いの投資を始めて変わったこと

米国株投資

将来に向けた資産形成や家賃収入や配当収入による毎月のCF増大による早期のセミリタイアを目指す方は多くいます。

私もその中の一人で投資は2013年から日本株で始めました。

不動産投資を始めたのが2017年で米国株を始めたのは2019年です。

今回は最後に始めた米国株式投資についてです。

スポンサーリンク

運用計画がより詳細に見えるようになった

投資を始めるときには目標を立てます。

私が株式投資を始めたときは、基本的に週に何回か売買を繰り返す手法で利益を上げるキャピタルゲイン狙いでした。

毎月5%の利益を上げ続けることの難しさを感じ、計画通り進められないことから現在のインカムゲイン狙いに変更しました。

それが確か2017年くらいでした。

インカムゲイン狙いのスタイルに変えると、毎月5%といったリターンは期待できなくなりますが、引換えに比較的安定的なリターンが得られるようになります。

安定的なリターンゆえに投資計画が非常に立てやすくなります。

キャピタルゲイン狙いだとリターンを生むには売買しなければならないので、タイミングを逸したり、狙いが外れたりすれば利益を得られないばかりでなく損をします。

このため不確定要素が多く、計画が立てにくいのです。

インカムゲイン狙いなら企業と投資額を決めさえすれば、リターンとその受取時期は明確になります。

増配率をどこまで考慮するかはありますが、今後数十年単位でのリターン、つまり運用結果がより明確に見えるようになります。(もちろん投資先が収益を上げ続けられるならですが)

いくら投資したから、いつに、いくら入ってくるか、がわかるため必要に応じて投資計画を変更することもできます。

例えば今は毎月5万円投資してるけど、5年後には毎月1万円の配当が欲しいから毎月の投資額は6万円にしないといけない。

そのためには毎月の支出を1万円減らさないといけない、などです。

スポンサーリンク

浪費を抑えるのが苦でなくなった

企業選定をしっかり行うことで配当というリターンは安定的に手に入ります。

絵に描いた餅は時間の経過とともに現実の餅となっていきます。

この経験をすると、”予想通り”お金が貰えたという感覚とともに

「もっと配当金欲しいなー」

という願望も溢れてきます。

そうなると今まで浪費に使っていたお金も投資にまわしたいという欲求が出てきます。

浪費を抑える=投資額が増える=配当金が増える=願望

つまり、

浪費を抑える=願望となるわけです。

もちろんキャバクラなどへ行きたいという欲求はゼロにはなりませんが、比較的浪費を抑えることが楽になります。

もし、投資をしていなければ闇雲にお金を浪費してしまい、何も残らない人生になってしまったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました