ボーナスの使い道

資産運用

11月14日、経団連が大手企業の年末のボーナス(賞与・一時金)妥結額の第1回集計を発表しました。

回答した12業種82社の平均は前年冬から1・49%増の96万4543円であり、第1回集計としては2年連続で過去最高を更新し、5年連続で90万円を超えたとのことです。

記事→冬のボーナス過去最高…建設は172万3818円

従業員からすれば額が多いほど良いに決まっていますが、重要なのは使い道です。

スポンサーリンク

ボーナスの使い道

本日11月15日に ZUU online にて2019年冬のボーナスの使い道についての調査結果が公開されていました。

記事→もうすぐボーナスシーズン!みんなの使い道と投資への関心は?

2018年冬のボーナスの使い道に関する調査結果は以下の通りでした。

 1位:貯蓄 48.0%

 2位:ローン返済 18.5%

 3位:教育費関連 17.7%

 4位:旅行 16.0%

 5位:家電 15.1%

2019年夏のボーナスの使い道も似たようなものでした。

投資したいと回答したのは6%だったようです。

既に投資をしている個人投資家の多くは上述の考え方はあまり無いのではないかと思います。

96万円を投資にまわした時のリターンをまず考えるでしょう。

スポンサーリンク

使い道に計画性はあるのか

「将来が何となく不安だから、とりあえず貯金しておこう」というの1位貯金の正体だと思います。

明確な目標があるわけではないので、いざとなったら簡単に切り崩されるようなものです。

そういう意味では将来に向けた資産形成というには少し弱いのではないかと思います。

またローン返済や教育費関連の支払いにボーナスを期待するとは、月々の収支はどうなっているのでしょうか?

ただ、たまの娯楽として”旅行”などに使うのは良いと思います。年に一回でも海外旅行にいけると良い経験になります。

もちろん100万円の旅行を毎年しててはいけませんが。

スポンサーリンク

将来”差”がつく投資

ではここでどのくらいの差がつくのかを具体的な数字で考えてみます。

ボーナス1回につき35万円投資するとします。すると年間で70万円投資する事になります。

運用利回りは3.5%です。

また月々は投資はしないとします。貯金でも浪費でもするとします。

20年後はこのようになっています。

年目年初投資額年末年間配当金
10万円70万円70万円2.45万円
272万円70万円142万円4.99万円
3147万円70万円217万円7.61万円
4225万円70万円295万円10.33万円
5305万円70万円375万円13.14万円
6389万円70万円459万円16.05万円
7475万円70万円545万円19.06万円
8564万円70万円634万円22.18万円
9656万円70万円726万円25.4万円
10751万円70万円821万円28.74万円
11850万円70万円920万円32.2万円
12952万円70万円1022万円35.77万円
131058万円70万円1128万円39.48万円
141167万円70万円1237万円43.31万円
151281万円70万円1351万円47.27万円
161398万円70万円1468万円51.38万円
171519万円70万円1589万円55.63万円
181645万円70万円1715万円60.02万円
191775万円70万円1845万円64.58万円
201910万円70万円1980万円69.29万円

総積立額は1,400万円です。

それが20年後には1,980万円になります。つまりプラス580万円です。

また20年後の配当金は年間70万円にもなります。

ボーナスがもう一回あるようなものです。

ここまで来てしまえば、あとは追加投資無しでも毎年70万円もらえるようになります。

もちろん20年かけずとも入金力を高めればそれに比例して配当金の額も増えていきます。

つまり将来自由な生活を送りたいなら今浪費している時間もお金も可能な限り減らすべきです。

頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました