貯金だけでサラリーマンを辞められるか

雑記

サラリーマンは生きるために会社に行かなければなりません。

そうしないと生きるために必要なお金がもらえないからです。

どれくらいの割合でいるかはわかりませんが、本当に仕事が大好きな方がいることは知っています。

しかし、そのような方はごく一部でほとんどの方が望んでしているわけでは無いように見えます。

みな異口同音に「お金があったら仕事したくない」と言います。

人生の貴重な時間をこう思いながら過ごしている方は多いはずです。

そのため早期リタイアを狙う方が多いのは納得いきます。

しかし多額の貯金があれば仕事を辞められるでしょうか?

スポンサーリンク

貯金だけで仕事を辞めるのは不十分

仕事を辞めるためにはどうすれば良いでしょうか?

貯金が1億円貯まったらでしょうか?

それとも宝くじ3億円が当たったらでしょうか?

この場合条件としてはその貯金を切り崩して生活するということになります。

確かに1億円であれば毎月の生活費が20万円であれば40年以上は過ごせます。

しかしこれは絵に描いた餅です。上手くいかないでしょう。

なぜなら庶民が1億円なんてもったら絶対に高額品を買ってしまうからです。

1億円持っておきながら毎月20万円という今まで通りの生活はできないはずです。

では3億円の宝くじが当たったら毎月60万円の生活費で40年以上は過ごせるはずですが、どうでしょうか?

これも毎月60万円以上浪費して40年待たずして資金が枯渇してしまいます。

これも上と同じ理由です。絶対に浪費します。

しかしこれは当然の事で、今ままで扱ったことの無い額を自由にできるようになると、どのように使えばいいのかわかるはずがありません。

結果他人から評価されるような家を買ったり、初めての海外旅行に行ってみたり、車を何台か買ってみたりと、残念な事になります。

スポンサーリンク

毎日減る残高を見るつらさ

何万人に一人かわかりませんが、もし1億円持っておきながら毎月20万円という質素な生活ができる人がいるとしましょう。

計画通り40年は働かずに生きられます。

しかしその間残高は減り続けます。

残高が2,400万円時点であと10年分しかありません。

そこから毎年240万円ずつ無くなっていきます。

まるで残高=余命宣告みないな感じがして非常に気分が悪くなりますね。

そのため精神衛生上良くないため貯金を切り崩す生活スタイルは避けた方が無難でしょう。

スポンサーリンク

だから不労所得が必要

以上より貯蓄だけでの生活は途中もしくは最終的に行き詰ります。

これを解決するのは不労所得だけです。

毎月収入が自動的に入ってくるシステムを作っておくことで、これらの問題点を解決できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました