2019年 冬ボーナス支給日

資産運用

本日2019年12月10日は多くの企業で冬のボーナスが支払われたようです。

私も本日受け取りました。

スポンサーリンク

資産形成におけるボーナスの影響力

毎月の収支さえしっかりゼロ以上にコントロールしていれば、ボーナスは全額投資にまわす事が可能です。

ただしある程度の娯楽等は必要なので、家族旅行に行ったり、家具家電を少しくらい買ったりしてしまってもいいと思います。

もちろん計画作成後、使っても良い額を把握しておくが重要ですが。

また中小企業も含めた2019年冬ボーナスの支給額は平均79万8141円(前年比0.13%増)だったようです。

手取りでだいたい60万円です。

娯楽費20万円とすると年間で100万円は投資にまわせます。

税引き後利回り3.5%で運用すると9年後には月平均で約3万円の配当金を受け取る事ができるようになります。

配当は再投資するものとします。

年目年初投資額年末年間配当金
10万円100万円100万円3.5万円
2104万円100万円204万円7.12万円
3211万円100万円311万円10.87万円
4321万円100万円421万円14.75万円
5436万円100万円536万円18.77万円
6555万円100万円655万円22.93万円
7678万円100万円778万円27.23万円
8805万円100万円905万円31.68万円
9937万円100万円1037万円36.29万円

また保有資産も900万円の投資に対し、再投資することで1037万円となります。

137万円もプラスになります。

将来に向けた準備ならあまりリスクの大きくない投資を継続する事が重要ですが、世の中一般の動向はどうでしょうか?

スポンサーリンク

資産形成=貯金?

今回もボーナスの使い道に対する調査結果が掲載されていました。

【2019】冬のボーナスは半分貯金? みんなの使い道をのぞき見!

調査結果によると50%以上の方が支給額の半分以上を貯金にまわしたいと回答したようです。

おそらく将来に対し漠然とした不安しかなく、計画があるわけではないが、なんとなく貯金しておこうくらいでしょう。

周りにこう言っておけば、「しっかり将来の事考えてるな」と思わせる事もできます。

しかし、計画も無くただ口座に入れているだけではすぐに消費、浪費のために使われてしまうのがオチです。

スポンサーリンク

将来差がつくボーナスの使い方

先述のように意味も無く貯金しようと思ってもなかなかうまくはいきません。

そのため早く、少額でもいいから投資して配当金を受取る事が重要です。

配当金という不労所得を得たという達成感を覚えるためです。

そうなればさらなる配当金を目指して、ボーナス毎に25万円、年間50万円投資する計画も組めるようになるはずです。

年間50万円投資すればたった6年で毎月1万円の配当金がもらえるようになります。

年目年初投資額年末年間配当金
10万円50万円100万円3.5万円
2100万円50万円150万円5.25万円
3150万円50万円200万円7.万円
4200万円50万円250万円8.75万円
5250万円50万円300万円10.5万円
6300万円50万円350万円12.25万円

これが10年、20年となってくるとその差はサラリーマンの給料では追いつけないものになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました