ボーナスで住宅ローンは払わない方が良い

資産運用

ここ数年の住宅ローンの歴史的な低金利を背景に、サラリーマンに住宅ローンを組ませようとする金融機関の広告や記事が目立ちます。

ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方

ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方とありますが、これは背伸びをした住宅ローンを組むことを助長してしまう表現だと思います。

意識すべきはボーナスをあてにしない住宅購入価格の決定でしょう。

低金利で35年間組むことのできる住宅ローンにおいてボーナスをあてにするのはおすすめできません。

今回はその理由についてです。

スポンサーリンク

投資にまわせるお金が少ない

当たり前ですが投資に十分なお金が割けません。

将来に向けた資産形成において重要なのは投資期間と投資額です。

特にボーナス払いを設定してしまうと投資額が十分に確保できなくなってしまいます。

仮に毎回手取りで60万円もらっている人がいるとしましょう。

年に120万円です。

一方はボーナス払い無しで、一方はボーナス払い30万円有りです。

年に60万円です。

利回り3.5%で配当も再投資したとします。

35年後どうなっているでしょうか?

ボーナス払い無し。年間120万円投資の場合

年目年初投資額年末年間配当金
10万円120万円120万円4.2万円
2124万円120万円244万円8.55万円
3253万円120万円373万円13.05万円
4386万円120万円506万円17.7万円
5523万円120万円643万円22.52万円
6666万円120万円786万円27.51万円
7814万円120万円934万円32.67万円
8966万円120万円1086万円38.02万円
91124万円120万円1244万円43.55万円
101288万円120万円1408万円49.27万円
111457万円120万円1577万円55.2万円
121632万円120万円1752万円61.33万円
131814万円120万円1934万円67.67万円
142001万円120万円2121万円74.24万円
152195万円120万円2315万円81.04万円
162397万円120万円2517万円88.08万円
172605万円120万円2725万円95.36万円
182820万円120万円2940万円102.9万円
193043万円120万円3163万円110.7万円
203274万円120万円3394万円118.77万円
213512万円120万円3632万円127.13万円
223759万円120万円3879万円135.78万円
234015万円120万円4135万円144.73万円
244280万円120万円4400万円154.万円
254554万円120万円4674万円163.59万円
264838万円120万円4958万円173.52万円
275131万円120万円5251万円183.79万円
285435万円120万円5555万円194.42万円
295749万円120万円5869万円205.43万円
306075万円120万円6195万円216.82万円
316412万円120万円6532万円228.6万円
326760万円120万円6880万円240.8万円
337121万円120万円7241万円253.43万円
347494万円120万円7614万円266.5万円
357881万円120万円8001万円280.03万円

ボーナス払い有り。年間60万円投資の場合

年目年初投資額年末年間配当金
10万円60万円60万円2.1万円
262万円60万円122万円4.27万円
3126万円60万円186万円6.52万円
4193万円60万円253万円8.85万円
5262万円60万円322万円11.26万円
6333万円60万円393万円13.76万円
7407万円60万円467万円16.34万円
8483万円60万円543万円19.01万円
9562万円60万円622万円21.77万円
10644万円60万円704万円24.64万円
11729万円60万円789万円27.6万円
12816万円60万円876万円30.66万円
13907万円60万円967万円33.84万円
141001万円60万円1061万円37.12万円
151098万円60万円1158万円40.52万円
161198万円60万円1258万円44.04万円
171302万円60万円1362万円47.68万円
181410万円60万円1470万円51.45万円
191521万円60万円1581万円55.35万円
201637万円60万円1697万円59.39万円
211756万円60万円1816万円63.57万円
221880万円60万円1940万円67.89万円
232008万円60万円2068万円72.37万円
242140万円60万円2200万円77.万円
252277万円60万円2337万円81.79万円
262419万円60万円2479万円86.76万円
272566万円60万円2626万円91.89万円
282717万円60万円2777万円97.21万円
292875万円60万円2935万円102.71万円
303037万円60万円3097万円108.41万円
313206万円60万円3266万円114.3万円
323380万円60万円3440万円120.4万円
333560万円60万円3620万円126.72万円
343747万円60万円3807万円133.25万円
353940万円60万円4000万円140.02万円

ボーナス払いしなかった方は投資額4,200万円、運用益3,801万円、年間配当金280万円であるのに対し、

ボーナス払いした方は投資額2,100万円、運用益1,900万円、年間配当金140万円です。

35年でここまで差が開くのです。

スポンサーリンク

ボーナスは業績の変動を受けやすい

会社の業績を一番受けるのはボーナスです。

業績が良いときは臨時で出したりするくらいですが、業績が悪くなるとすぐに減らされます。

基本給を減らすのは大変ですが、ボーナスを減らすのは簡単なのです。

つまり、勤めている会社の業績が悪化した場合まずはボーナスが減らされます。

スポンサーリンク

自宅を売却する可能性も

ボーナスが減り、支払いができなくなる人も出てくるでしょう。

そうなれば補填は毎月の貯金から出すことになりますが、そう何回も補填できません。

もって2年くらいではないでしょうか。

払えなくなれば家を手放す事になります。

スポンサーリンク

住宅ローン中心の生活が待っている

なんとかボーナス払いできるくらいの額をもらえたとしても、あまり余裕のある生活はできなくなります。

毎月の収支から貯金しつつ、海外旅行代までは捻出できないからです。

こうした生活を35年続けるのです。

身の丈に合った住宅を購入した方は海外旅行に年に1回行ったり、子供に習い事させたり、充実した生活を送ります。

一方背伸びした豪華な家を購入した場合は35年間慎ましく暮らすのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました