ワンルームのオーナーの集まりに参加しました

不動産投資

2018年か、2019年か忘れましたが、ずいぶん前に、所有するワンルームのオーナーの集まりに行ってきました。

私としては初めての集まりだったので、何かしらの情報が交換できると思い揚々と参加してきました。

スポンサーリンク

交流会はどんな感じだったか

確か時間で言うと17:00~19:00頃に集まりがありました。

場所は駅近の居酒屋です。

参加者は私含め20~25人くらいでした。

参加者は30代~60代頃の男性がほとんどで、40代頃の女性が数人いました。

最も割合が大きかったのは40代の男性だったと思います。

最初は固かったのですが、お酒も入ったおかげで、30分もするとずいぶんと打ち解けた雰囲気になりました。

しかし、話の内容は空っぽで落胆しました。

スポンサーリンク

不動産仲介業者が融資?

同じ会社から紹介を受けてワンルームを5戸ほど都市圏に購入している方がいました。

確かに保有するワンルームの数でいうと多い方だったので、比較的みんな興味を持って話を聞いているようでした。

私が「融資を受ける上で苦労したことありますか?」と質問しました。

不動産投資は融資あってのものであり、一番難しいところでもあります。

しかし、誰も聞かないので私が聞きました。

〇〇(不動産仲介業者)さんなら年収の10倍まで融資受けられるから!○○さんのところで融資受ける分にはまだ余裕あるから、苦労はしてないよ!

と回答がありました。

この人は不動産仲介業者が融資してくれていると思っていたのです。(!)

愕然としました。

スポンサーリンク

自分の保有物件どこにあるっけ?

保有物件について話があがりました。

私は買う前に実際にマンションに行き、部屋を内覧して、買うかどうか検討していました。

しかし同じテーブルにいた5人は部屋はおろか、一度もマンションまで行ったことすら無いそうでした。

これも衝撃を受けました。

5人が注目していたのは利回りと築年数だけでした。

ちなみに築年数に注目していたのは減価償却費を計上して節税できる期間を把握するためです。

そのため皆自分の物件がどこにあるかを知らなかったのです。

数字だけで購入を決めていたのです。

ちなみに私が過去見に行ったのは、どれも利回りが高く、マイソクを見た限りで良さそうな物件ばかりでした。

しかし実際に行くと、陽の当たりが最悪だったり、隣りの隣りにラブホがあったり、同じようなマンションが乱立してたりと、物件の魅力を半減させるのに十分な要素が数多く見つかりました。

そんなことは露知らず、業者の勧める物件を買う人が多くいました。

スポンサーリンク

大手勤務なら即リタイヤできる

東海地方にはメーカーが数多くあります。

その中でも大手に就職してしまえば、年収もあるから融資もそれなりの額を受けられるため、すぐにサラリーマンを辞められると発言されている方もいました。

「 2億円のマンション買って一発リタイヤだよね~」

まず2億円の融資を受けるためには1割以上の頭金、賃貸業の運営実績が必要になると思います。

また修繕費や管理費用等考えるととてもこの程度の規模ではリタイヤできません。

また大手とは言え、所詮メーカーです。年収などたかが知れています。

そんなことも露知らずお気楽発言されている方も数名いました。

スポンサーリンク

まとめ

初めてオーナーの集まりに参加し、有益な情報交換などを期待していましたが、全くあてが外れました。

オーナーとは言いつつも、ただ業者の言いなりで物件を買わされた人達の集まりでした。

今後のビジョンも何も無く、不動産投資を気楽に捉え過ぎていて、勉強不足の人達でした。

かぼちゃの馬車でシェアハウスを購入した人達もきっとこんな感じだったのではないでしょうか。

だから騙されるんだよ、と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました