資産はいつまでに、どの規模を目指すか

資産運用

将来に向けた資産形成や毎月のCF増大に向け、投資を継続的に行っている方は多いと思います。

しかし、漠然と投資していては方向性もスピードもよくわかりませんし、いまいち達成感もありません。

そのためには目標を決めて、どのようなステップで達成するかを考え、計画を作る事が必要です。

では、どのように計画を立てればいいでしょうか。

スポンサーリンク

目標を立てる

いつ、どのような状態になっていたいか、です。

例えば、

 1年後に毎月1万円の配当金がもらいたい

 60歳までに1億円の資産が欲しい

など、まずはざっくりでいいので、目標を立ててみるといいです。

その後計画を立ててみて、無理そうなら修正しても構いません。

無理な計画、達成目処の無い計画など必要ありません。

以前配当金については書いたので今回は資産の額を目標にします。

スポンサーリンク

目指す資産額

資産を目標にしたとして、いくらを目指せばいいでしょうか?

1億円や5,000万円など切りのいい数字を使っても良いですが、野村がおよそ隔年で発表している保有資産の額が参考として使えます。

8割がマス層とよばれる保有資産3,000万円以下の最下層のランクです。

これを見ると少なくともアッパーマス層にはいきたいと思ってしまいます。

できれば40歳のときにはこの層にいたいですね。

今回の目標は

 10年後に資産3,000万円

というのを目標にしてステップを考えてみます。

スポンサーリンク

毎月いくら投資すればいいか

株式投資での目標達成を目指すとします。

利回りは5%とします。

すると10年で3,000万円を達成するには下表より年間で239万円の投資が必要ということがわかります。

年目年初投資額年末年間配当金
10万円239万円239万円11.95万円
2251万円239万円490万円24.5万円
3514万円239万円753万円37.67万円
4791万円239万円1,030万円51.51万円
51,082万円239万円1,321万円66.03万円
61,387万円239万円1,626万円81.28万円
71,707万円239万円1,946万円97.3万円
82,043万円239万円2,282万円114.11万円
92,396万円239万円2,635万円131.77万円
102,767万円239万円3,006万円150.31万円

年間239万円ということは20万円/月の投資が必要になります。

一般家庭でこれは難しいと思うので、2回あるボーナスを活用しましょう。

ボーナス60万円/回×2回=120万円を投資にまわすのです。

これにより毎月の投資は10万円/月にまで低減できます。

つまり、

10万円/月+60万円/回”を10年続ける事でアッパーマス層にいけます。

日本におけるトップ2割に入れるわけです。

そして次は、準富裕層が見えてきます。

また、もしこれが難しいようでしたら目標の資産額や達成期間を変更するか、足らない分を副業で稼げばいいです。

投資をする上で計画は絶対あった方がいいので、ぜひ一度考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました